医療業界のM&Aを行うときの仲介会社の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療業界のM&Aは一般企業とは違うということを説明しましたが、仲介業者を選ぶポイントはなんといっても成約実績の多さです。医療業界のM&Aの歴史は浅いので事例書や手引き書などが整備されておらず、仲介業者のみがもつノウハウに頼らざるをません。様々なケースが考えられる医療業界では情報漏洩などによって失敗してしまう可能性もあります。自己の利益を損なってしまうかもしれない風評被害の影響力を十分理解して、売り手と買い手にアドバイスでき、win-winの状態でM&Aが行われなければならないことは必須です。その上で、スムーズな移行が行われ、患者や入居者などに影響を及ぼさないことも重要です。

売却側の様々な不安に寄り添ってくれる仲介業者

売却側にとってはM&A後、これからの生活費がなくなってしまうのではないかと不安になる場合があります。もちろん売却後も安定的な収入を得なければなりません。譲渡時の金額で今後の全てをまかなえるのなら問題ないのですが、今までと同様の生活が可能なのかどうか心配になるのはもっともな話です。そのときに親身なって相談に乗ってくれて、納得できる契約を結んでくれる仲介会社を探すべきです。例えば、役員残留型の体系を希望しそれを受け入れてくれる買い手を探してくれるなど、実際のノウハウを持ち合わせているところがおすすめです。そのためにはネットワークを持っていることや交渉術を持ち合わせていることが重要です。今までの実績とともにすでにM&Aを行った売主の声などがサイトに載せられているところも多いので確認してみましょう。

医療業界を熟知している必要がある仲介業者

報酬改定をはじめ、医療業界では様々な面で状況が変化しつつあります。その変化に伴って売価が変わってくることは、もちろんM&Aを行う手続きの方法も変わってくるということです。それらの情報に敏感であり、変化に付いていける仲介業者でなければスムーズに移行することができなくなり、満足のいく成約とすることはできません。不動産の価値などに関しても医療業界では流動性が低いなどの特徴があります。事業主は医師や薬剤師など技術面を持ちそれを活かす職業ですが、それ以外にも経営面に携わらなければならず、人材面や時間の面で限界を感じているというケースが増えています。あらゆるケースに関して医療業界に精通していなければ、マッチングした買い手を探すことはできないのです。

ピックアップ記事

医療業界のM&Aには縁がある

M&Aを行う際には業績、将来性、規模などから最も適したところを選ぶ必要があります。M&Aは縁があると言われているように、どんなに優れた医院や施設であってもすぐに見つかるとは限りません。できれば数多くの...

医療業界の中でも介護施設は特にM&Aが激化

高齢化社会に向けて大手企業が介護施設に参入してきて、競走が激化しています。その上2年に一度の介護補修改定が行われ、めまぐるしく変化するため先を読むことが特に難しくなっています。地域密着型で事業を行って...

医療業界のM&Aを行うときの仲介会社の選び方

医療業界のM&Aは一般企業とは違うということを説明しましたが、仲介業者を選ぶポイントはなんといっても成約実績の多さです。医療業界のM&Aの歴史は浅いので事例書や手引き書などが整備されておらず、仲介業者...

M&Aを考える、医療業界が抱える後継者問題

想定外の高齢社会になり医療費は増える一方です。この先も医療制度改革が行われ、さらに厳しい状況になることが考えられます。病院内で使われる備品などを減らすなどの経営努力をしているものの赤字になる場合も多く...


コンテンツ

カテゴリー