医療業界のM&Aには縁がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

M&Aを行う際には業績、将来性、規模などから最も適したところを選ぶ必要があります。M&Aは縁があると言われているように、どんなに優れた医院や施設であってもすぐに見つかるとは限りません。できれば数多くの縁を探した方が売り手買い手両方にとって良い結果となるでしょう。そのためには個人で探すことには限界があります。やはり専門的知識を持ち、多くの企業などの情報を知っている仲介業者にお願いする方が、費用面、時間的な面ともに得策となると考えられます。いくつかの譲渡企業を紹介してもらい、その中から選ぶということも可能になります。

M&A成立までは秘密保持に注意を払うべき

思いもよらぬ風評被害を防ぐために譲渡企業に関しての名前はあくまで表示すべきではありません。しかし、あまりにも情報を出し惜しみしすぎると、相手にこちら側の魅力が伝わりません。どこをどのように売り込むべきか、または当初から表示すべき内容でないのかは、何度も仲介した会社でなければ分かりにくい点です。自ずから良縁を不意にしてしまわないためにも細部にわたってアドバイスしてもらうか、全てを任せてしまうというのも方法です。事業主が思っていない部分がとても強みであるケースもあり、第三者の意見はとても重要です。最終的な従業員への発表はインサイダー取引などの不正を防止するためにも、タイミング、話し方などについてもプロのアドバイスを仰いだ方が賢明と言えます。

相手に伝えにくいことも伝えなければならない

医療業界には様々な問題点があり、場合によってはいくつもの問題を抱えている病院や施設もあります。しかし、最終的に良好な成約になるためには伝えにくいことも伝えなければなりません。隠したままM&Aが行われると、許認可が取り消されてしまったりして最終的に患者さんや入居者などが困ったことになってしまいます。一般企業とは違い地域に対する責任が大きいのが医療業界です。伝えにくいことを調製し円滑に進めてくれる仲介業者を選ばなければなりません。特殊な医療業界のM&Aをお考えの場合、どのようなケースが考えられるのか概要だけでも知りたいと思う方も多いものです。仲介業者のサイトでは無料で注意すべき点や成功事例などを開示しているところがあります。中には定期的に情報を配信し、一冊の本になるほどのノウハウを配布している企業もあります。まずはそのように誠意ある仲介業者から資料を取り寄せるのが良いでしょう。

ピックアップ記事

医療業界のM&Aには縁がある

M&Aを行う際には業績、将来性、規模などから最も適したところを選ぶ必要があります。M&Aは縁があると言われているように、どんなに優れた医院や施設であってもすぐに見つかるとは限りません。できれば数多くの...

医療業界の中でも介護施設は特にM&Aが激化

高齢化社会に向けて大手企業が介護施設に参入してきて、競走が激化しています。その上2年に一度の介護補修改定が行われ、めまぐるしく変化するため先を読むことが特に難しくなっています。地域密着型で事業を行って...

医療業界のM&Aを行うときの仲介会社の選び方

医療業界のM&Aは一般企業とは違うということを説明しましたが、仲介業者を選ぶポイントはなんといっても成約実績の多さです。医療業界のM&Aの歴史は浅いので事例書や手引き書などが整備されておらず、仲介業者...

M&Aを考える、医療業界が抱える後継者問題

想定外の高齢社会になり医療費は増える一方です。この先も医療制度改革が行われ、さらに厳しい状況になることが考えられます。病院内で使われる備品などを減らすなどの経営努力をしているものの赤字になる場合も多く...


コンテンツ

カテゴリー