Back to Top

VAPEは、従来のタバコのように、タバコの葉を燃焼させて、その煙を吸う喫煙器具ではありません。VAPEは電子タバコと呼び、香りを含んだリキッドを加熱して蒸発した気体をする物です。日本ではニコチン入りの電子タバコの販売を許可していないので、ニコチン依存症の方も安心して吸うことができます。電子タバコは、フレーバーリキッドと、それを気化させるためのアトマイザー、それに充電式電池で構成されています。形は様々ですが実際のタバコと似たようなデザインになっているようです。火を使わないので、火災の心配がありません。今では禁煙の補助商品というよりはファッションとして趣味で使うことが増えているようです。タバコではないので、禁煙スペースでも吸うことができますが、周りの人間に対するマナーを考えれば、使う場所を考えた方が良いでしょう。

禁煙を補助してくれるVAPE

ずっと吸い続けてきたタバコをやめるのは精神的に厳しいものがあります。仕事でストレスが溜まっているとき、リラックスするためにタバコを吸ったりします。タバコに含まれているニコチンには精神を鎮静する効果はないのですが、気分的に落ち着くのでしょう。ニコチンには依存性がありますので、なかなかタバコをやめることができません。そこで、タバコの代用品としてVAPEを使いましょう。VAPEにはニコチンが含まれていません。海外の電子タバコにはニチコンが含まれている物もありますが、日本では販売されていません。安心して吸うことができます。また有害なタールや一酸化炭素も発生しないので、体に優しいです。ヘビースモーカーの方は電子タバコに代えてみれば健康に役立つでしょう。電子タバコそのものには禁煙する成分は入っていないのですが、タバコを吸いたいという気分をごまかすことができるので結局のところ禁煙と同じになります。

おしゃれなVAPEで健康を守る

近年、健康志向の人が多くなり、喫煙する人は少なくなっています。レストランや店でも、禁煙になっていたり、喫煙スペースが設けられています。家族や自分の健康のためにも、節約のためにも、禁煙を試みる人が多くいます。しかし、やはりなかなか難しいことであり、誘惑に負けてまた吸ってしまうという人も少なくありません。そうした人に、おすすめなのがVAPEです。ベイポと言います。それには少しの香りつき液体が入っていて、それを熱して蒸気が生じます。たばこの代わりになる禁煙道具だけでなく、ファッション性も高く、おしゃれにも見えるので人気があります。健康を守ることもできます。専門の店で購入することができます。ネット通販での購入も可能です。VAPEは男女問わずに人気があります。VAPEに付属させるアクセサリーやケースなども販売されています。