M&Aが特殊な医療業界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療業界は一般企業とは異なり、報酬の改定、介護報酬の改定、薬剤の改定などが今後どのような形で変化していくのか見据えなければなりません。特に介護保険制度が始まってから数十年で絶え間ない変更が行われるので注意が必要です。さらに従業員だけでなく、患者、入居者そしてその家族との関係まであるので病院や介護施設は容易にM&Aを行うことはできません。手続きもとても煩雑となりますが、地域になくてはならない施設なのでスムーズに調製し行わなければなりません。M&Aの途中そして、修了後も全ての行為を滞らせるわけにはいけないので、専門家の知識が必要になります。

医療法人の類型によって方法が違う

医療法人は、まず社団医療法人と財団医療法人に分かれ、さらにそこから細かく分かれています。また、個人、国、地方自冶体、学校、企業など開設主体もあらゆる方面に渡っており、その主体によって手続きの方法が違ってきます。加えて、開設主によって官庁も違うので、スムーズに行うためには専門的知識が必要になります。いくら一般企業のM&Aを数多く行った経験のある企業でも、このような特殊な医療法人の環境を把握していなければ、円滑に行うことは難しいものです。そして、あらゆるケースの類型と開設主の提携に携わったことがあり、状況を理解していなければ失敗してしまう可能性が高くなります。

病院の院長が交代することの重大性

病院は、一般企業とは異なり医師だけでなく看護師、臨床検査技師など多くの国家資格を持つ従業員が働いています。その中の頂点に立つのが院長です。あらゆる方面から技術的に尊敬されるトップが交代することは、一般企業なら営業部の役員、技術部の役員、経営面に関して全てが交代することを示しています。それは病院にとって大きな問題であり、従業員の精神面を支える必要があります。地域の住民にとっても、院長が交代するというのは今後もこのままお世話になることができるのか、各科が存続するのかなど多くのことが心配になります。高齢社会を迎える日本、特に地方にとっては病院の状況というのは正に死活問題となるので無視できない内容です。それは病院だけでなく、介護施設や薬局などでも同じことで、場合によっては入居者全てと契約し直さなければならないなど、特殊な工程があります。地域に対しての責任の重い医療業界のM&Aは難しいということを十分理解しておく必要があります。

調剤薬局M&A累計成約実績150件以上! 業界特化の専門知識と完全成果報酬制の安心今すぐM&Aをお考えではなくてもご相談ください。 医療・介護・福祉業界に特化した専門知識と全国に広がる売り手・買い手ネットワーク。 M&A案件成約まで、お問い合わせから、価値算定・訪問・資料ご提示まで全てのご相談・ご対応が無料。 報酬改定や業界再編の情報など、業界特化しているからこその情報網を活かしたM&A仲介。 医療のM&AならCBパートナーズにご依頼ください。

ピックアップ記事

医療業界のM&Aには縁がある

M&Aを行う際には業績、将来性、規模などから最も適したところを選ぶ必要があります。M&Aは縁があると言われているように、どんなに優れた医院や施設であってもすぐに見つかるとは限りません。できれば数多くの...

医療業界の中でも介護施設は特にM&Aが激化

高齢化社会に向けて大手企業が介護施設に参入してきて、競走が激化しています。その上2年に一度の介護補修改定が行われ、めまぐるしく変化するため先を読むことが特に難しくなっています。地域密着型で事業を行って...

医療業界のM&Aを行うときの仲介会社の選び方

医療業界のM&Aは一般企業とは違うということを説明しましたが、仲介業者を選ぶポイントはなんといっても成約実績の多さです。医療業界のM&Aの歴史は浅いので事例書や手引き書などが整備されておらず、仲介業者...

M&Aを考える、医療業界が抱える後継者問題

想定外の高齢社会になり医療費は増える一方です。この先も医療制度改革が行われ、さらに厳しい状況になることが考えられます。病院内で使われる備品などを減らすなどの経営努力をしているものの赤字になる場合も多く...


コンテンツ

カテゴリー